FC2ブログ

アシモフ&マリンナーサのMabinogi放浪記

Mabinogi、タルラークサーバーでのんびり生活しているアシモフ・マリンナーサとその仲間の放浪日記です 

≫ EDIT

【そらまめ劇団】灰かぶり姫とタラの音楽隊(6) at タルラーク

お絵描きチャット
●その後、エラには、いつもの日常が戻ってきました。
●動物たちは、ユニークな姿もあって、瞬く間にラフ王城の中でも人気者となりました。
お絵描きチャット
●しかし、彼らはエラのことが心配で仕方がなかったのです。
●何度エラの家に戻ろうとしても、周りから引き留められてしまいました。
●別に彼らは、特別に音楽隊になりたかったワケではなく、
●ただ単に、仲間と一緒に自由に生きたかっただけなのかもしれません。
お絵描きチャット
●姉はというと、まだ王妃の座を諦めている様子はなく、
●王城パーティーに参加しては、エラに対して自慢話を繰り返しました。
お絵描きチャット
●また、本来は5人で分担していた仕事を1人でこなすようになったので、
●エラは身も心もボロボロになっていきました。
●それでも、母の言葉を信じてハシバミの木に祈りを捧げて頑張りました。
お絵描きチャット
●本当のことを言えば、あのとき王子様が自分のことを、
●覚えていてくれたことには、嬉しくてびっくりしましたが、
●結局は期限付きの服と、偽りの名前で身を固めた自分に罪悪感を感じて、
●本当のことを伝えることができなかったのです。
お絵描きチャット
●本当の自分を見られたら幻滅されるに決まっている
●今は名家の娘ではなく、ただの小汚い使用人なのだから
お絵描きチャット
●理想と現実のギャップが、彼女の胸を務め付けていたのでした。
灰かぶり姫6-01

義姉:災いのアミュレットを手に入れてから、ホント災難だったわ! 一体どうしてくれるの?
義姉:こんなゴミなんか押し付けてっ! ほんと使えない子ね!!
灰かぶり姫6-02

ファニーチキン:(いたっ! えっ...?なんで僕っ!?)
エラ:よかった...。 壊れてないみたい
灰かぶり姫6-03

エラ:みんなっ!?お、お仕事はどうしたの!?
ロバ:王子に敬礼!
灰かぶり姫6-04

エラ:あっ...
義姉:お、王子様! 今日はどういったご用件で!?
王子:この靴のサイズに合った女性を探しているんだ
灰かぶり姫6-05

義姉:まあ、それなら私が履いてみせますわ!
灰かぶり姫6-06

義姉:は、履けない! このっ! このっ!!
●義姉が何度挑戦しても、一向に靴が入る気配はありませんでした。
王子:君は違うようだね
義姉:ま、待って! ちょっと足がむくんでしまって...
灰かぶり姫6-07

王子:この家には他にお嬢さんはいないのか?
義母:残念ながらいませんわ
王子:そうか...。 ここはタルラーク家のはずだが...、彼女は居ないのか
灰かぶり姫6-08

ロバ:王子様、失礼します! あちらに可愛らしいお嬢さんがいらっしゃるようです!!
犬:王子様、姿だけではなく、心の中まで美しいお嬢さんかもしれません!
猫:王子様に、アタシが男だったら本気で狙ってたような子がいまーす!
鶏:王子様、チョコレート(?)のデザインセンスもハンパないですコケーッ!!
王子:君は...、あの時の!
灰かぶり姫6-09

エラ:そのようなドレスに似合う靴、使用人の服を着ている私の物のはずがありません
王子:僕はドレスを着た女性を探している、なんて一言も喋ってないさ
王子:あの帰り際に靴を落としていった、使用人の娘を探しているだけだ
エラ:使用人の...娘を?
灰かぶり姫6-10

王子:ほら、やっぱり靴がピッタリだ!
お絵描きチャット
灰かぶり姫6-11

王子:シンデレラ・・・、いや、エラ。 久しぶりだね。またアミュレットをつけてくれたんだね
エラ:ごめんなさい、私は嘘をつきました
エラ:昔、タルラーク家のエラと名乗りましたが、今は本当にただの使用人なのです
エラ:嘘をついたのが申し訳なくて、今の自分がさめで....。 だから合わせる顔が無かったのです
エラ:嫌われるのが布かったのです、それなら思い出のままで終わりたくて。 逃げてごめんなさい...
灰かぶり姫6-12

王子:偶然そうなっただけで、嘘をついたわけじゃないだろう。 辛かったろうね
王子:でも、昔のように普通に喋って欲しいんだ。僕はありのままのきみに会いたかった
灰かぶり姫6-13

義姉:キィイイイ! アミュレット返すんじゃなかったああああ!悔じいいいいいいいいい。
義姉:こんな終わり方なんて認めない!!! こうなったら荒らしてやるっ!!
義母:これで台無しね!!オッホッホッホ!! 灰まみれの女にはお似合いの最後ね
灰かぶり姫6-14

猫(...ブラックリスト追加にゃ)
(...ブラックリスト追加っと)
灰かぶり姫6-15

(...ブラックリスト追加っと)
(...ブラックリスト追加っと)
(...ブラックリスト追加っと)
灰かぶり姫6-16

(...ブラックリスト追加っと)
(...ブラックリスト追加っと)
灰かぶり姫6-17

王子:最初にパーティーで見た時から、キミのような気がしてたんだ
エラ:最初から!? でも、どうして?
王子:動物に囲まれたキミを見て、ついつい昔の姿と重なって見えてね
灰かぶり姫6-18

エラ:それだけでも分かっちゃうんだ!?
王子:はは、それだけじゃないけどね。 昨日のライブでの出来事で確信に変わったんだ
王子:それに、本名を問い詰めた時、凄く動揺していたからね
エラ:こっちは必死だったんだから、もう!!
エラ:でも、嬉しい、ありがとう!!
灰かぶり姫6-19

犬:さあさあ、しみったれた展開はそこまでだぜ!!
猫:ちょっと! 相手は王子様なのよ! 言葉を選びなさい!
犬:ありのままのエラが見たいんだって? エラはバラードよりもロックを歌わせると人が変わるんだぜ!
エラ:ちょっと、変なこと言わないで!
犬:その場の嘘でかわしても無駄って言ってたのはお前だろ?王子様相手には偽るなよ!
灰かぶり姫6-20

王子:ハハッ、無礼講だよ
鶏:コケェェェ!! コケドック・ロバキャッツ再結成じゃー!!
お絵描きチャット
エラ:でも、そうだよね...、音楽とみんなのおかげで、辛い時も乗り越えることができたんだよね...」
エラ:オズィくん、私たちの全てを見て欲しい! みんな、いくよっ!
灰かぶり姫6-21

エラ:みんなっ、コケドック・ロバキャッツのライブに来てくれてありがとう!
エラ:今日はみんなに素敵なメンバーを紹介するよっ!!
エラ:パワフルで豪快なドラムが自慢のロバくん! でも、楽器を壊しちゃダメよ?
わ---- はちはちはちはちはち
いえーい!!!!
エラ:ベース担当のお洒落な女の子、猫さん! でも、凄いのは見た目だけじゃないわよ ~?
猫ちゃーーん!
エラ:どうやってピアノを弾くのかって? 器用なクチバシがあるじゃない! その名も、鶏おばちゃん!
鶏おばちゃーーん!!
エラ:ロックは技術じゃねぇ、魂だ! 音に命を懸けるぜ、犬くん!!
いぬくーーーん!!
エラ:そして私はボーカルのシンデレラ! 今日も偽りのドレスを着て歌い続けるわ!なんてねっ!」
灰かぶり姫6-22

犬:おいおい、急に姿を消したんだが回線落ちか?
猫:あの子、気持ちが高ぶると不思議な魔法を使うのよね。お母さんに似たのかしら ?
鶏:コココココ、コケー! ワシらの衣装が勝手に変わっとる!!
エラーーーー!!
エラ:私たちの魂の歌を聴いてっ! 『Supernova!』
お絵描きチャット
カオスの中 綱の
KDRC!KDPC!!!!
ドレスを翻して
We are the Lightning Rock! 光速フレンジー 撃ち抜いてあげる
音楽の稲妻を
食らったら戻れない
We are the Lightning Rock! 高圧スパーク 魅入らせてあげる
幼き日に交わした
約束への勇気くれた。 Thank you my best friends,
コケドック・ロバキャッツ! 熱く吠えろ!
コケドック・ロ/キャッツ! 爆ぜろ Supernova!
エラ:オズィくんも一緒に歌おうよ!
王子:ま、参ったな...。そういうのは慣れてないんだ
灰かぶり姫6-23

The path to poradise begins in hell脳天直撃 First chocolate
犬:慣れてないって言ったのに、めっちゃノリノリだ~!!
猫「さっすがぁ! やる~!
灰かぶり姫6-24

-闇に紅くイウェカ如く
鮮烈な女神 Supernova!
灰かぶり姫6-25

Cinders Ella ! It feels like a fate
Ozi Prince ! It feels like a fate
灰かぶり姫6-26

運命が引き合わせた Happiness ! My best friend !
運命が引き合わせた Hoppiness ! My best friend !
運命が引き合わせた Happiness ! My best friend !
Ozi & Ella やっと会えた もう離さない
灰かぶり姫6-27

運命が引き合わせた Happiness ! My best friend !
Rock on! Rock on! 魂淫らせ!
灰かぶり姫6-28

エラ:みんな、ありがとー!!
かっこいーー!!
王子:ありがとーう!!
いえーーーい!
エラ:いえい!!
いぇーい!
王子:イヤッホォーウ!!
いえーーいい。
灰かぶり姫6-29

胸の磨き続く
メテオストライクの様に
君たちの中永久に
君たちの中永久に
灰かぶり姫6-30

忘れなければ続くめでたしめでたし
忘れなければ続くめでたしめでたし
灰かぶり姫6-31

Supernova! この名深く刻もう
Supernova! この名深く刻もう
灰かぶり姫6-32

エラ:私たちは...?
エラ:コケドック・ロバキャッツ!!!
犬・猫・鳥・口パ コケドック・ロバキャッツ!
ロバ:コケドック・ロバキャッツ!!!!
鶏:コケドック・ロバキャッツ!
猫:コケドック・ ロバキャッツ!
灰かぶり姫6-33

エラ:いくよ~! 3、2、1ッ!
はちはちぱちぱちぱち
ひゅーーひゅーー!
エラ:みんな、今回は最後までありがとう!
犬:たまには倉庫で眠っているペットのことも思い出してくれよな!
エラ:またエリンに戻ってきたときはよろしくね!
『ありがとうございましたー!!』
『ありがとうございましたー!!』
『ありがとうございましたー!!』
『ありがとうございましたー!!』
ロバ:『ありがとうございましたー!!』
猫:『ありがとうございましたー!!』
灰かぶり姫6-34

チキンが焼けてしまった
灰かぶり姫6-35

いい焼け具合w
灰かぶり姫6-36
関連記事
スポンサーサイト



| ユーザーイベント報告 | 23:59 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marinenasa.blog113.fc2.com/tb.php/3984-2907be61

TRACKBACK