FC2ブログ

アシモフ&マリンナーサのMabinogi放浪記

マビノギ、タルラークサーバーでのんびり生活しているアシモフ・マリンナーサとその仲間の放浪日記です 

≫ EDIT

七夕はカリダ湖で星を見よう at タルラーク

7月7日(火)は、七夕(たなばた)ですね。
でも、リアルの日本では雨・・・というか豪雨で被害でてるので七夕という感じではありません。
ならエリンで・・ということで、みんなでカリダ湖まで星を見に行きました。
演奏ということでギンレイが参加。サブIDからはフェリアナーサとミクです。(全員演奏マスター)

レガトゥスさんおじゃまします・・・
七夕2022-01

暗くなったけど・・・曇ってる;; 星がほとんど見えない。(スマートコンテンツの気象予報はみとこうか・・・)
七夕2022-02

みんなでJAMセッション。
背景に隕石が写っていますが仕様です。
ところで、7月2日に東京などで見えた火球は、習志野市で発見され「習志野隕石」として登録されるそうです。
七夕2022-03
七夕2022-04

アップで
七夕2022-05
左翼席
七夕2022-06
右翼席
七夕2022-07

さらに寄ってみる
七夕2022-08
七夕2022-09
JAMなので、演奏マスターとか関係ありませんでしたね・・・

明るくなってきました・・・
七夕2022-10

花火ー、たーまや~ か~ぎや~
※「鍵屋」「玉屋」とは、隅田川花火大会の起源である両国の川開きを発展させた立役者ともいえる、江戸を代表する花火師の屋号。 江戸の花火の人気を二分した二大花火師です。 鍵屋とは、現存する日本で最も古い花火業者で、初代弥兵衛が日本橋横山町に店を構え、花火を売り出すようになるのは万治2(1659)年のこと。
七夕2022-11
七夕2022-12

明るくなりました・・・
七夕2022-13
七夕2022-14

さくらさんリサイタル
七夕2022-15
七夕2022-16

うしろに太陽(パララ)が・・・沈んでいきます。
七夕2022-17
七夕2022-18

2日目の夜 ・・・今度は晴れた。星が見えます。
七夕2022-19
残念ながら人数は減ってしまいました・・

花火~
七夕2022-20

再び、朝~
七夕2022-21

残ったメンバーで記念撮影
七夕2022-22




「天の川」も「織姫星」も「彦星(牽牛星)」も見えませんでしたね。
よく考えるとここは「地球」ではない・・・月が2つもある異世界だった。星座も地球とは異なるし(ゴーレム座とかひょう座とか・・)

というわけで、地球の夜景との合成写真です。
夏の大三角形とよばれていて、一番高いところにあるのが琴座のベガ(織姫星)、右下が鷲座のアルタイル(彦星)、左下が白鳥座のデネブです。
※私たちからベガまでの距離は25光年、アルタイルまでは17光年です(1光年とは光が1年かかって届く距離のことで、約9兆5千億km)。 そして、二つの星の間のじっさいの距離は15光年になります。(国立科学博物館HPより)
七夕2022-05AR
七夕2022-03AR
七夕2022-13AR

※ベガとアルタイルの間が銀河ですね。銀河は地球のある太陽系が所属する「銀河系」を中から見たものです。
この銀河系は「天の川銀河」とよばれ最近、全地図が作成されました。
天の川銀河

昔さらば宇宙戦艦ヤマトの映画で二重銀河というテロップで天の川銀河とアンドロメダ銀河が並んだ絵がありましたが、実際は天の川銀河は「棒渦巻銀河」で、アンドロメダ銀河より小さいようです。




公式SSへの投稿:【七夕カリダで天の川】(の竹氏の様)
関連記事
スポンサーサイト



| ユーザーイベント報告 | 23:59 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marinenasa.blog113.fc2.com/tb.php/4127-26a686c8

TRACKBACK